2010年04月16日

唄声喫茶

あまり馴染みのない『唄声喫茶

カラオケが流行る前の昭和の時代には多くあったそうですが、

最近はなくなってきているようで、

全国的にも少なくなったようです。


フォークソングや歌謡曲に縁がなかったので、

ギターの弾き語りなども知らず、

ふらっと立ち寄った店がそうだったことから、

ギターを手にし、弾き語りをしてしまうようになりました。



路上で弾き語りをしている姿をみると、

「学生の頃に、ギターをやってる友達がいたなぁ」

と、昔を懐かしんでしまいます。


音を楽しむっていいものですね。


 唄うもよし、

 その当時を振り返るもよし、

 そんなこんなで会話が弾み

 楽しい時間が過ぎていきますよね。



心に安らぎを持つことができる場所っていいものですね。  

Posted by どんと at 06:00Comments(0)音楽